Mike The Bike

小父さんは乗り物で遊びます!

Category :  自転車
tag : 
坂を上る時や急加速する時に、サドルから腰を浮かせてペダルを漕ぐ、所謂「立ち漕ぎ」っと言う走り方が有ります。

FI2605788_1E体重をかけながら自転車をペダルと反対方向に左右に振るのでダンシングとも言われています、体重をペダルに乗せるためシッティングより強いパワーが出るでしょうが、当然脚への加重が大きく疲労も強くなるだろうと、今までは、体力的にも自信が無く、全くしませんでした。なるべく、脚の筋肉への負担を掛けない様に、軽めのギアーを選択し、クルクル回してました。
FI2605788_2E
少しは筋力も付いただろうと、最近取り入れ始めました。
長居公園を流していて、お尻が痛くなり始めると、「立ち漕ぎ」の開始です。
初めは半周(1,4キロ)程度でしたが、この頃は一周位いきます。

先日の串柿ポタで活用してみました。
シッティングとダンシングでは使う筋肉も違うので交互にする事によって楽に坂を登れるとか言われてますが、本当かいなぁ?

photo・輪童さん


関連記事

コメント

No title
シッティングだと同じ筋肉ばっか使ってしまうんで、たまにはダンシングをしろっていいますねぇ。<BR>自分もよく分からんです^^;<BR>ダンシングする時は、ギアをシッティングの時よりかなり重くしてやらんとふにゃふにゃしてしまいます(汗)
2006/12/20 02:35URL  のんびり #79D/WHSg[ 編集]

No title
今日は久し振りに長居に行ったので、2周半(7キロ!)漕いで見ました。<BR>まぁ、平地なので、アウタートップでも、あまり足応えがありませんが(^^)
2006/12/20 03:32URL  Mike #79D/WHSg[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://ducatipantah.blog56.fc2.com/tb.php/972-8b017306
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)