Mike The Bike

小父さんは乗り物で遊びます!

Category :  自転車
tag : 
西暦613年推古天皇が築いた難波から飛鳥に至る日本最古の「官道」。
この道が竹内街道となり現在では堺市大小路から東へ向かい、二上山の南・竹内峠を越えて、奈良県當麻町の長尾神社に至る約26kmの街道である。
FI2605748_1E
奈良でイベントが有る時出来れば自走したいが、ただでさえ一般道を走るのは嫌なのに、あの狭いわりに交通量の多い166号を走る気も起きず、何時も車で行っていた。
ところが地図を眺めていると、本来の竹内街道が併走している様なので様子見に行ってみた。
駒が谷から六枚橋まで、以前知らずに車で進入して難儀した細い国道166号を走る。

FI2605748_2E
ここから古道、竹内街道を行きます。
しかし、こんな道が在るのは、全然知りませんでした。


FI2605748_3E
これで、道の駅まで、車に煩わされずにノンビリ漕げます!
旧道も終わり、国道に出て、登っていると、矢張り交通量が多い!フト横を見ると遊歩道が有り、これに入ってみた。当然、竹内峠に出るのかと思っていたが、やけに急坂だ!かなり登ってようやく岩屋峠への道だと判った。
FI2605750_1E
岩屋峠は松尾芭蕉も何度も通った峠。少し手前に奈良時代に中国の石窟寺を真似て造った石窟寺院跡といわれている岩屋と岩屋杉がある。

岩屋峠から尾根沿いに竹内峠(旧ダイトレ道)に行ったが、かなりハードだった。
FI2605750_3E奈良側の起点の長尾神社まで行って引き返す。




FI2605748_4E
帰りは平石峠を行きます。府道704号 竹内河南線なのに車両通行不可なルートとして知られている酷道です。


FI2605748_5E
大阪側はシングルトラックです。峠から下って行くと、サイズ変更060730 016葛城二十八宿の、第二十四番経塚が在る。
この後、高貴寺、磐船神社に寄ってみましたが、この間が雰囲気の有るルートでした。

走行62km、3時間40分。
関連記事

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://ducatipantah.blog56.fc2.com/tb.php/935-8410cb62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)