Mike The Bike

小父さんは乗り物で遊びます!

Category :  オーディオ
tag : 
Urei用システム
FI2228781_1Eアンプはラックスのラボラトリ-、リファレンスシリ-ズのプリ付きパワーアンプ?として出ていた5L-15
以前はQUAD 44+405のセットでした。
JBL用に自作した箱をラック代わりに使ってます。
FI2121066_1EプレーヤーはあのBang & Olufsen Beogram 4002!
気軽に聴くなら、やはりフルオートです。
カートリッジは、オリジナルのMMC 4000からMMC20EN。
このモデルは、歴代のBang & Olufsenの中でも最も優れたデザインだと思いますね、70年代当時全く画期的な、非常に高度なリニアトラッキング機構を搭載、インサイドフォースを無くす為にアームがレコードに対し常に直角になるよう、スライド移動する、フルオート機能を実現した高級機でした。77年製。
FI2121066_2Eもう1台はラックスPD-131+SME3009S2imp.
一世を風靡した組み合わせの定番、憧れでした。
どちらもデザイン重視です!
FI2121066_3E

SME3009S2imp.
( The Scale Model Equipment )

ナイフエッジで支えられた回転軸後方には、左右のバランスを保つためにウエイト調整を兼ねた、ラテラルバランスウエイトを備える。

アームリフターやインサイドフォースキャンセラーの細かい細工は芸術的で、シェルに開けられた穴は美しいですねぇ。
カートリッジは定番のSHURE V-15 TYPE?です。

横に在る穴あき貝は77年の礼文島の土産です。
FI2121066_4ECD機は名機?DENON DCD3500G なんと重量22?!88年製。

昔の金の掛かったCD機はそれなりに良い音がします。前述の友人がMARANTZ CD-99SE Limitedに買い替え時に譲り受けました。
関連記事

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://ducatipantah.blog56.fc2.com/tb.php/909-ef22af9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)