Mike The Bike

小父さんは乗り物で遊びます!

Category :  未分類
tag : 
米大リーグのプレーオフ、ア・リーグ優勝決定シリーズ第2戦で9回に難しい判定があった。
1対1の同点で9回裏二死ランナー無しツーストライクで井口の所属するホワイトソックスのピアンジスキーが低い球を空振り、エディングズ球審は右腕を上げ三振のコール。

キャッチャーは一瞬躊躇しながらもタッチせずにボールをマウンド付近に転がし、これを見てピアンジスキーは一塁へ走り、投球がワンバウンドしていたとの判定で振り逃げで出塁が認められた。この後、ホワイトソックスがサヨナラ勝ちした。

確かに右手を挙げていたが、ストライクの後にバッターアウトとコールしたかどうか?が問題だ!


このシーンを観て大昔に大毎オリオンズの山内(後に小山と交換トレードで阪神)が二アウト満塁で空振り後に守備側チームがベンチに引き上げてしまい、満塁振り逃げをした有名なゲームが有ったことを思い出した。






関連記事

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://ducatipantah.blog56.fc2.com/tb.php/862-9f257b64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)