Mike The Bike

小父さんは乗り物で遊びます!

Category :  自転車
tag : 
矢ノ川峠 1_0E私にとって矢ノ川峠は忘れ得ぬ峠です。

近畿1周サイクリングに行った1966年当時、紀伊半島を周る42号線の白浜以南は全てダートで、
悪路として知られていましたが、特に矢ノ川峠は難所として全国のサイクリストに恐れられていました。

海抜0の熊野から佐田坂の急坂を上り、808メートルの峠を越えて尾鷲までの40kmが1日掛かりでした。
 
しかし2年後にはトンネルが開通し、峠への道は忘れられ廃道と成って行きました。
矢ノ川峠 _1Eその後、42号線をツーリングすると、所々に見受けられる旧道の面影を見るに着け、
あの道はどうなったかなと気になりだし、確かめてみようと1990年に行ってみました。90-02.jpg
確かに大きな落石や土砂崩れが有り、木々も鬱蒼と茂って、既に車の通行は困難でしたが、90-08.jpg

オフバイクにとっては、昔の国道のイメージの残る素敵なトレックコースになっていました。
その後、10年ほどオフロードから離れていました。
また行きたいなと思っていましたが、偵察をお願いしていたT氏から、橋が落ちて通行不能ですよと知らされ、確認してみようと、2002年7月に峠から橋まで走ってみました、橋が落ちていて、土砂崩れ部分が大きくなっていました。 
 
残りの西側部分も確認したいなと思っていると、
DirtExpressのツーリングでその方面に行くとのことなので、
2003年8月に参加させて頂きました、0308山小屋ツーリング 244

始めは大又トンネル入り口付近から旧道に入って行きます。0308山小屋ツーリング 019
90年の時に比べると、酷い荒れようです。
矢ノ川峠 0260308山小屋ツーリング 128その後はバイクではなくて、自転車でいってみたくなり、





矢ノ川峠 1_4E矢ノ川峠 037
少し体力も付いたので今年、二人のスーパー女性サイクリストと訪れました。
矢ノ川峠 1_5E矢ノ川峠 031
雨の多い地域ですが、今度は晴れた日に行ってみたいです。

map

239a66d440年ぶりに同じ碑の前で撮影。


関連記事

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://ducatipantah.blog56.fc2.com/tb.php/836-4e29da3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)