Mike The Bike

小父さんは乗り物で遊びます!

Category : 
tag : 
小広峠から熊野本宮大社までの古道は、まさに中辺路のハイライト。人家や車道と離れた森林の中を、「草鞋峠(わらじとうげ)」「岩神峠(いわがみとうげ)」「三越峠(みこしとうげ)」の3つの峠が待ち構えています。
中辺路は歩く方も多く、自転車では無く、歩きます。
小広王子~発心門王子 :10.5km 歩行時間:約4時間 
発心門王子~熊野本宮大社 :6.9km 歩行時間:2時間 

道の駅に車をデポし、国道311号線をZOOKで20㎞程走ります。
当初は自転車で行くつもりでしたが、標高差をみると結構な登りのようなので、変更しました。

12:20小広王子への登り口に到着。
サイズ変更110503 122

石組みが残り、古道の雰囲気満点です!
サイズ変更110503 126

ところどころに石畳の残された男坂を登ると
サイズ変更110503 127

13;30小さな切通しの峠に岩神王子に、「岩神峠」は、中辺路の難所とされてきました。
サイズ変更110503 136

14:30湯川王子は九十九王子のうち比較的格式の高い准五体王子として、また道湯川の氏神として祀られてきました。
平治の乱でも活躍した湯川一族発祥の地といわれ、往事はかなり栄えたと思われる石垣などが残ります。
サイズ変更110503 142

湯川王子から三越峠を超えて約4km、未舗装の林道を船玉神社を過ぎ、
サイズ変更110503 137

16:00わき道を100mほど下ると音無川沿いに「猪鼻王子」と刻まれた緑泥片岩の石碑があります。
この石碑は紀州藩が建てたそうです。
サイズ変更110503 148

発心門王子は熊野九十九王子の中でも別格の五体王子のひとつに数えられていました。
サイズ変更110503 151

17:10伏拝王子に到着。
長く厳しい参詣道を歩いてきた参詣者が、熊野本宮大社(旧社地大斎原)を、はじめて望むことができたため、遠く望んで伏し拝んだとされています。
ここから大社までは前日に通ったので、デポして置いた自転車で道の駅まで戻りました。
サイズ変更110503 160

小広峠にデポして置いた、ZOOKを回収。
今日の宿泊地の護摩壇山へ。
いよいよ明日は小森谷です。
関連記事

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://ducatipantah.blog56.fc2.com/tb.php/738-550608c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)