Mike The Bike

小父さんは乗り物で遊びます!

Category :  自転車
tag : 
熊野古道小辺路ルートはお気に入りなので何度も訪れています。
ただ、果無越だけは、殆ど乗れ無い事もあり、残っていましたが今回アタックしました。
柳本橋近くの櫟砂古(いちざこ)から果無集落を経て、果無峠を越え、八木尾までの峠路には、西国三十三個所霊場の観音様が祀られています。

道の駅に車をデポして、5:20に柳本橋に向けて戻りますが、これが結構きつい登りだったのは予想外でした。
最近は古道の入り口は変わっていますが、K氏と同じ櫟砂古のバス停の旧道から6:00登り始めます。
サイズ変更110503 007

直ぐに西国三十三番観音が有り、道中の無事を祈願!
サイズ変更110503 008

石段が続き、押しも出来ないので、最初から担ぎの連続です。
サイズ変更110503 019

7:00にようやく果無の村に到着。
サイズ変更110503 026

果無集落から北を向いて1枚。
サイズ変更110503 030

二十五番観音を過ぎると、天水田と書かれた開けた平地に出ます。
サイズ変更110503 046

順番に観音を拝みながら、少しは走れる部分もあって、8:15に標高788mの所に観音堂に到着、千手観音を中心に石仏が祀られています。
サイズ変更110503 054


最後の急坂を担ぎ揚げて8:50ようやく十七番の観音様の祀られた果無峠に着く。
20110507180213842aa.jpg

下りは想像していたよりも、走れる部分も有ります。
サイズ変更110503 077

十番観音まで来ると残りも少ないです。
サイズ変更110503 083

石段が多く、自転車はひたすら押したり、引き摺り下ろす。
最後の急な石段を降れば民家の上に出て、10:30 国道の八木尾バス停に到着。
サイズ変更110503 092

少し遡って一番如意輪観音に。
これで三十三観音の供養を終えました。
サイズ変更110503 093

八木尾から、国道を九鬼まで走り、中学校の先を右へ車道を登ると、11:15中辺路との交わる三軒茶屋に着く。九鬼の関所が設けられて、行きかう人を監視していたのだろう。
サイズ変更110503 094

しばらく石畳の古道を辿って、11:40 小辺路参詣道の最後に熊野本宮大社をお参りする。
ここに来たのは35年振り
サイズ変更110503 098

旧社地の大斎原(おおゆのはら)の大鳥居に寄ってみる。
サイズ変更110503 101

これで終わりではなく、
鳥居を後に、国道を熊野川に沿って請川まで走り、小雲取越えの登山口へ。
続く!
関連記事

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://ducatipantah.blog56.fc2.com/tb.php/735-47bb3cda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)