FC2ブログ

Mike The Bike

小父さんは乗り物で遊びます!

Category :  お気に入り
tag : 
最近は、あまりしないですが、以前はよくテント泊したもので、こんなテントを使用していました。
1966近畿一周サイクリング用に当時として珍しい松屋町のミズノのアウトレットで購入。
1972初の北海道ツーリング等で使用。
由良の海岸。
FI2605840_1E.jpg
潮岬付近。

1980年ごろに好日山荘で買った、初のドーム型テント。エスパース製山岳テント。関西では余り見ませんが、アルプスでは関東の雄エスパーステントが幅を利かせています。
クッチャロ湖。知床キャンプ場。
FI2605840_2E.jpg
19841986年1988年の北海道ツーリングに使用。

ダンロップのツーリングテント。
流石に良く出来ている。2,7㎏と軽量。
富良野キャンプ場。開陽台。
FI2605840_3E.jpg
89、90の北海道ツーリングに使用。

ロッジ型
居住性を重視したテントで、頑丈で安定構造のテントになっています。テントの一部分を出すとタープの代わりとしても使える構造になっている。ただ1度、四万十川で強風で設営出来なかった事が有りました。
釧路川源流部。十勝川の秘密のキャンプサイト。
FI2605840_4E.jpg
1991~93北海道バイク&カヌー等でで使用。

ロッジドーム型
ロッジ型テントの重量が非常に重いため組み立てと撤去のときに時間がかかり、少し軽量の2ルーム ロッジドーム型を購入。GW製、12㎏。
組み立ても簡単で居住性はロッジ型テント並みに快適に過ごすことができます。
FI2605840_5E.jpg
熊野川

92-08.jpg
スノーピーク製の大型のタープも購入。
90年代は一般的では無くて、羨望の的?でした(笑)
Category : 
tag : 
ここ何年間、行ってみたいと思っていた大峯山ですが、
ようやく決行します。
中学時代の林間学校以来です!

久し振りにDRを整備して、ツーリングがてらに2時間で洞川に到着。
一般的な大峯大橋の少し手前の毛又橋にパークして7時にスタート。
130815大峯山 001

女人結界門を潜り。
130815大峯山 006r

ルート上に建っている一本松茶屋。
130815大峯山 032

途中、役の行者 おたすけ水で一息。
130815大峯山 008

有名な西の覗!
流石に足が竦みます(笑)
130815大峯山 014

大峯山寺に到着。2時間半のコースタイム通りでした。
130815大峯山 018

穏やかな山上ヶ岳山頂です。
130815大峯山 020

南には奥駆道が続き、八経ヶ岳釈迦ヶ岳が見えます。
130815大峯山 019

レンゲ辻に急降下します。
130815大峯山 022

南側の女人結界門です。
130815大峯山 024

稲村ヶ岳山頂は展望台です(笑)
130815大峯山 026

ここから法力峠を経ての下山の2時間は景色の変化も無く、
ただ只管下るだけでした。

歩行時間7時間。