Mike The Bike

小父さんは乗り物で遊びます!

Category :  自転車
tag : 
20日、アルデンヌクラシックの第2戦となるフレーシュ・ワロンヌが行われ、ユイの壁を制したのは、フィリップ・ジルベール(ベルギー、オメガファーマ・ロット)だった。

17日のアムステル・ゴールドレースでは完璧にマークされながらも、残り5kmからは自ら脚を使って集団を牽いて、しかも残り1kmのカウベルグで勝負に出て2連覇し、更に2連勝。
登り基調のゴールでは圧倒的な強さです!
ジルベール7607


フレーシュ・ワロンヌ2011 結果
1位 フィリップ・ジルベール(ベルギー、オメガファーマ・ロット)
2位 ホアキン・ロドリゲス(スペイン、カチューシャ)
3位 サムエル・サンチェス(スペイン、 エウスカルテル・エウスカディ)
4位 アンディ・シュレク(ルクセンブルク、レオパード・トレック)
5位 イゴール・アントン(スペイン、エウスカルテル)


アムステル・ゴールドレース2011 結果
1位 フィリップ・ジルベール(ベルギー、オメガファーマ・ロット)
2位 ホアキン・ロドリゲス(スペイン、カチューシャ)
3位 サイモン・ゲランス(オーストラリア、チームスカイ)
4位 ヤコブ・フグルザング(デンマーク、レオパード・トレック)
5位 アレクサンドル・コロブネフ(ロシア、カチューシャ)
6位 オスカル・フレイレ(スペイン、ラボバンク)

Category :  自転車
tag : 
以前、学文峰からジルミ峠への際に見送った唐久谷に向かいます。
花見で、ごった返す石川を避けて、普段とは違うルートを通り、
子供の頃に行った事が有る、旧玉手山遊園に寄り道です。
110410 001

更に、右岸の誰も居ない所でチョツト花見もしながら、
110410 003

何時もの廃線跡を抜けて、
110410 006

葛城二十八宿の【第十六番経塚】を再訪する、
行ったなかでは、ここが一番アプローチが難しいです。
110410 009

流谷の八幡神社を過ぎ、ようやく入り口です。
かなり荒れた道を押し上げて行くと、切通しに出る。
パスハンが良く似合う上峠だ。
前回はここから右に急坂を押し上げたが、今日は真っ直ぐに唐久谷を下る。
110410 013

河内長野市のハイキングコースに入っているが、殆ど歩く人もいないのか、
落ち葉が分厚く積もり、グリップしないので、
慎重に行きます。
110410 019

倒木もそのままです!
予想以上に谷筋が長く、走り応えが有ります。
110410 020

村落が見えてくると、ジルミ峠から下ってくるルートと交わります。
そのまま、神納から三日市に抜けて帰りました。
走行85km。5時間半。
Category :  自転車
tag : 
2年前に譲って頂いたパスハンのタイヤが減って交換が必要に!
しかし、稀なサイズで普通の店には置いていないので、ネットで購入。
この際、もう少し太い42Bにしようかと思いましたが、MTBとの差を明確にする為に、
現状と同じサイズにしました。

MICHELIN タイヤ WORLD TOUR 650X35B /
 重量:620g 耐久性に優れ、コストパフォーマンスの高いツーリングタイヤ。
michelin.jpg

p-michel-tro003.jpg

サイズが微妙ですが、A,B,Cで全然互換性が有りません。
タイヤの直径「ETRTO」
前半の数字がビード間隔、後半の数値がビード径となります。

40-559 26 x 1.50
47-559 26 x 1.75

40-571 650 x 35C
37-584 650 x 35B
37-590 650 x 35A
44-584 650 x 42B

こうして見ると、26 x 1.50のスリックよりも650 x 35Bの方が細いんですね!