Mike The Bike

小父さんは乗り物で遊びます!

Category :  自転車
tag : 
階段が特に多く避けていた岩橋山に行ってみました。
竹内街道では

FI2605821_1E「聖徳太子廟」で有名な
叡福寺に寄り、竹内峠からダイトレに入る。



FI2605820_1E急降下しながら平石峠に出ると、いよいよ階段地獄が始まり、これでもかぁ!っと必死に担ぎ上げて、ようやく岩橋山の山頂です。


FI2605820_2E
これまた下りなのに乗れない急階段を経て岩橋峠に。
先日の持尾辻まで行くつもりでしたたが、またまた急階段なので、そのまま平石まで下る。以前バイクで降りた時の印象では、あまり面白みの無い感じでしたが、予想外に良いトラックです。

FI2605820_3E以前、素通りしてしまった平石の高貴寺の【第二十五番経塚】を覗いてみると、丁度行者さん達がご祈祷?の真っ最中でした。


FI2605820_4Eお気に入りのシングルトラックに入り、竹林沿いを行くと、おじさんが若竹を掘っています、
今朝は寒かったので、ダメだったのが日中の暖かさで出てきたそうだ!


FI2605820_5E

岩橋山や大和葛城山がこの高さから望めるのは珍しいポイントです。

map

距離 : 59.7km 高低差 : 646.0m



Category :  自転車
tag : 
FI2605818_1E一徳防山(541m)「いっとくぼうさん」は、岩湧山から北に別れた枝尾根に在り、荒々しさが魅力の名山です。

map
分厚い落ち葉の絨毯が敷き詰められたV字溝の道は気っ持ちいいがトラクションが掛からず、乗り難い。

FI2605818_2Eオフキャンバーの細いトラックも多く、
滑落には気を使いながら行く。




FI2605819_1E一徳防山への後半ルートは結構デンジャラスでした。
細い尾根伝いをいきます。



FI2605819_2E

プラ階段がかなり急で狭く、担いだ自転車が引っかかってバランスを崩さ無い様に右に左に持ち替えながら慎重にいきます!
此処を想定して軽いマリン号で来たのは正解でした。

FI2605819_3E
押していくスペースも有りません。




FI2605818_3E

最後は急階段の連続を担ぎ上げると、この自転車一台分のスペースが一徳防山の山頂です!





頂の西側は足元から序々に崩壊し続けています。

FI2605818_4E

階段区間を過ぎると復路は乗れ乗れです!


FI2605818_5E

全く誰にも会わないので、ノンビリと写真を撮りながら戻りました。

距離 : 35km 高低差 : 481.0m

Category :  自転車
tag : 
11日のポテンポタは天候不順で延期。
開催日程は未定です。


Category :  自転車
tag : 
九度山人さんの椎間板ヘルニア手術から復帰祝いポタ。
日時 3月11日(日) 10時集合。
場所 近鉄吉野線飛鳥駅前。
コース 大和中央CR~河合町浄化センター~飛鳥葛城CR~御所駅辺りまでの予定。 主催ーのんびり君
詳しくはココ



ロードには半年間、乗っていないので、倉庫からR-2を出してきて、長居を走ってみた。
小1時間ほど、気持ちよく流し、辺りも暗くなり帰りかけていると、リアホイールがコツン、コツンと振動?
パンク!です。
そのまま、前輪に体重を掛けながら自宅に戻って調べてみると、小石が刺さってます。
最近の長居周回路は、かなり路面が荒れてきていて、そこを空気圧が低いまま走ったのが原因でしょうか?

前に、チューブラータイヤのパンク修理を体験しているので、今回は簡単に出来ました。



Category :  自転車
tag : 
カーサイクリングの予定でしたが、あまりに暖かったので、今年初めて自走でスタート。前回カメラを忘れて行った大和葛城山に証拠写真を写しにいきます。

FI2605815_1E弘川寺から舗装路で登るつもりが何故かハイクコースに入ってしまい、四ッ辻まで殆ど乗れませんが、良い感じです!







FI2605815_2E
四ッ辻からは、前回と同じコースで大和葛城山に到着。
途中から曇って来ましたが、金剛山がシルエットに。


FI2605815_3E

ようやく大和葛城山の写真を写せました。


FI2605815_4E山頂からはダイトレを北上します。
前半は階段が多いですが、以降は乗れ乗れです。
ハイカーも一人にすれ違っただけで、気持ちよく走れます。


FI2605815_5E

持尾辻から持尾に下ります。
殆ど利用されないルートなのか始めは倒木だらけで、続いてがけ崩れで狭い迂回路が現れ!選択ミスかぁ?っと思いましたが、その後は素晴らしいトレックコースです!
最後は平石城跡に寄ってみると、予想外にシングルトラックを楽しめました。

走行72km、5時間半。
高低差 : 949.0m

map