Mike The Bike

小父さんは乗り物で遊びます!

Category :  自転車
tag : 
FI2501673_0E先週は十三峠で生駒縦走路を降りていたので、高安山までの残りと古道の恩智越えを繋いで走って来ました。

今回は、少し遠回りになりますが、走り易い大和川の土手を通って行ってみる。

FI2501673_0E十三峠をノンストップで登ろうと、インナーローでトロトロと漕いでいると、横をローディがスゥっと抜いていった。スピードが違い過ぎます!矢張りブロックタイヤだと漕ぎが重いです。4,5?を35分も掛かって到着。
十三塚で同じように1枚写して、トレックスタート。

FI2501673_1E殆どがドライブウェイ沿いですが、結構アップダウンが有ります。




FI2501673_2E展望台でようやく休憩。
走ってきた道が向こうに見えます。
全然、ハイカーに会いません?



FI2501673_3E
こんな気持ち良いダウンヒルも、
尾根なので左側はガケです。



FI2501673_4E1時間半で縦走路が終わると恩智越えの始まりだ。




FI2467755_3Eそれ程期待していなかったが、なかなか雰囲気のあるルートです。




FI2467755_4E下っていくと恩智神社が在り、そこから恩智川沿いに大和川まで出て、帰ってきました。

走行55km。・4時間

Category :  オーディオ
tag : 
昨日は久し振りにオールマン・ブラザーズ・バンドのLDを観て(聴いて)ました。
グレッグ・オールマンのボーカルがカッコイイですね!
サザン・ロックに酔いしれてましたが、なんと、今日のBSでレナード・スキナードのライブが放映されます。名曲「フリー・バード」が楽しみです。



Category :  自転車
tag : 
スリックを履いていたし、風向きが普通だったので前回よりは少し楽でした。
速いときで、58~60分くらいだから、未だ少し遅いかなぁ?

まぁ、最近は、以前のように全開で走る事も無く、
LSDよりも少し負荷をかけた程度で軽く巡航しているので、こんなものかもしれません。
距離の違いはタイヤ径の違いでしょう?

走行距離29.6km。 走行時間62m。 Av28.6km/h。 Max,35km



Category :  自転車
tag : 
FI2484197_0E念願だった大阪のサイクリストにとっては1度は登りたい、が!2度は登りたくない?と言われる暗峠に行ってきました。午前中は用事があり、1時にスタート。

ただでさえ一般道は嫌なのに、八尾市内は走り難い!50分程で、スタート地点に到着。


FI2484197_1E偶々同時にスタートしたこの方は、殆ど押していましたが、休憩しまくりながら乗車した私よりも、先に到着してました。



FI2467755_2Eこの斜度を見てください。









FI2484197_2Eようやく着きました。
前半から中盤までは、流石にハードでしたが、後半は予想よりも楽で、なんか拍子抜けした感じでアッサリとでした。


FI2484197_3E暗峠からは生駒縦走路を南下します。朝までの雨の為か、ハイカーの少ないのは良いのですが、路面が粘土質でヌルヌルです。おまけに暗峠用に舗装路タイヤを履いていたので、グリップしません。




FI2484197_4E階段が多かったですが、こんな心地よいST区間も多く、自走で来れるので文句も言えません。



FI2467755_1E桜満開のドライブウェイを横目に、アップダウンを繰り返して行くと、先日の見慣れた十三塚に到着。後は同様にハイキングルートを使って下山しました。


暗峠(大阪側)
標高差[m] 399
距離[m] 2330
平均斜度[%] 17.1
最高斜度[%] 28.1

Category :  オーディオ
tag : 
FI2452779_0E今や忘れ去られたLDですが音楽ソフトを結構持っているので、我が家では現役です。主力は★ Pioneer DVD/LD/CDコンパチプレーヤー のDVL-919 です。

FI2452779_1Eところがサブ機のVPー LS100がトラブリ始めたので、DVL-919 をもう1台買おうかな思っていたら、S君がDENON LA-550Cを処分すると言うので貰ってきました。少し前のモデルですが当時の高級機ですので、つくりもしっかりしています。
FI2452779_2E15年物のNECのVPー LS100は最近殆どディスクを読み取らなくなっていたので、
じゃぁ!ダメ元でとばらしてみました。

ピックアップをイソプロアルコールで清掃して試してみると、アッサリと読み取りするようになりました。もっと早くやれば良かった!
FI2452779_3Eもう1台は20年物!のヤマハの最初期モデルLD-X1が現在はお蔵入りになってます。

上に載っているのは一時期フォステックスのバックロードに入れていたアルニコ仕様のJBL2115です!

Category :  自転車
tag : 
FI2467282_0E今日は特に予定も無いので服部緑地で行われるシクロジャンブルへ行こうかなと思ってました。土曜日になってお花見サイクの告知が有り、急遽参加させてもらいました。
コースは明日香村石舞台→芋ヶ峠→津風呂湖畔→入野→吉野山→壷阪峠→明日香村の約70キロ。舗装路なのでロードでと言う事ですが、登りが4ヶ所も有りシルクでは苦しいのでスリック仕様MTBで出動です。dendenさんから自走のお誘いでしたが、軽く100?オーバー(150km?)しそうで帰りの竹ノ内峠を登る自信が無く途中まで車で出発。
竹ノ内峠をミニベロで頑張るdendenさんに声を掛けながら
橿原のオークワに駐車?して、ボツボツと漕ぎ出す。
FI2467338_0E
遠足気分で亀石、



FI2467338_1E橘寺に寄りながら集合地の明日香村石舞台に到着。



FI2467282_1E自転車では初の芋ヶ峠への登り、




FI2467338_4Eとても元国体チャンプTさんとローディーN嬢には付いて行けません!dendenさんは余裕で?到着。



FI2467282_2E快適な下りを楽しんで、又、登り返して前にも行った津風呂湖に。




FI2467338_3E津風呂湖上流の入野(しおの)地区の桜並木では来年のカレンダー用?の撮影会です。



FI2467282_3E花見には少し早い様ですが吉野山は大変な人出




FI2467338_2E押して行くのも大変です。








FI2467755_0E上千本へ抜けて桜井吉野線を下り、壷阪峠のルートで明日香村に戻って来ました。

少し手前で皆さんとお別れして、オークワまで地元のTさんに誘導して頂きました。
この間のロード、ミニベロ、マウンテンの変な取り合わせの高速走行が面白かったです。
走行85km
Category :  自転車
tag : 
去年は真冬でも週2~3回は長居を走ってましたが、
今年は正月から風邪をひき、その後も体調がすぐれず、寒い日が続いたので全然行きませんでした、今日がまだ3回目です。

取り合えず10周連続で走ってみる。花粉のためか鼻水がでまくりで、鼻呼吸が出来ずに苦しい!おまけに、何故かずうっと、向かい風だ!
いくらブロックタイアを履いていたとはいえ、こんなタイムだった?遅!

走行距離29km。 走行時間64m。 Av27.1km/h。 Max,31.5km


Category :  オーディオ
tag : 
Urei用システム
FI2228781_1Eアンプはラックスのラボラトリ-、リファレンスシリ-ズのプリ付きパワーアンプ?として出ていた5L-15
以前はQUAD 44+405のセットでした。
JBL用に自作した箱をラック代わりに使ってます。
FI2121066_1EプレーヤーはあのBang & Olufsen Beogram 4002!
気軽に聴くなら、やはりフルオートです。
カートリッジは、オリジナルのMMC 4000からMMC20EN。
このモデルは、歴代のBang & Olufsenの中でも最も優れたデザインだと思いますね、70年代当時全く画期的な、非常に高度なリニアトラッキング機構を搭載、インサイドフォースを無くす為にアームがレコードに対し常に直角になるよう、スライド移動する、フルオート機能を実現した高級機でした。77年製。
FI2121066_2Eもう1台はラックスPD-131+SME3009S2imp.
一世を風靡した組み合わせの定番、憧れでした。
どちらもデザイン重視です!
FI2121066_3E

SME3009S2imp.
( The Scale Model Equipment )

ナイフエッジで支えられた回転軸後方には、左右のバランスを保つためにウエイト調整を兼ねた、ラテラルバランスウエイトを備える。

アームリフターやインサイドフォースキャンセラーの細かい細工は芸術的で、シェルに開けられた穴は美しいですねぇ。
カートリッジは定番のSHURE V-15 TYPE?です。

横に在る穴あき貝は77年の礼文島の土産です。
FI2121066_4ECD機は名機?DENON DCD3500G なんと重量22?!88年製。

昔の金の掛かったCD機はそれなりに良い音がします。前述の友人がMARANTZ CD-99SE Limitedに買い替え時に譲り受けました。