Mike The Bike

小父さんは乗り物で遊びます!

Category :  自転車
tag : 
FI1887687_0E今日は桧原越を予定していましたがマレーシアGPの生放送も有るし、台風接近で天気予報も芳しく無いので延期です。GPの方は今回もBS勢が絶好調で予選トップ5に4名入ってます!
そこで午前中だけ何時もの明神山にインナー20Tに変更したMARINで行きました。
家を出てから、ノンストップで例の果樹園内の急坂に来ましたが、そのままアタックします。この1番斜度のきつい箇所ではもうフロントが浮く寸前です、
ここまで50分。
FI1887687_1Eこんな立派な十三重の塔があります、歴史のある道なんでしょうねぇ!








FI1887687_2Eすぐ下を大和川が流れてます。





FI1887687_3E途中にあるトライアルセクション?下りだとクリーンです。




FI1887687_4E曇っているわりには、よく山域が見えますね。

走行40キロ、2時間40分。



Category :  自転車
tag : 
4月に行きかけて時間が無くて退却した十字峠に再アタックしました。
FI1865924_0Eサイクル橋で1枚写してもらう。
かなり雲が多くてそれほど暑さも感じない。



FI1865924_1E天見富士の旗尾岳を望む!
彼岸花もボチボチと咲いている。
上手く行けば府庁山から旗尾岳へ縦走出来るかな?


FI1865924_2E天見から島ノ谷に入り、十字峠を目指す。
稲穂も刈り取り寸前で、たわわに垂れている中をインナーローでノンビリと漕いで行く。

FI1865924_3Eコンクリート林道から急な山道を押し揚げる。
20年前にバイクで降りた時もかなり荒れていたが、より段差がきつくなっている。
道幅が狭く、押していくスペースが無く、フロントを持ち上げて後ろから押す。
前回はこの辺りで引き返したが、まだ先は長いのかな?

FI1865924_4Eやっと着いたぁ!
切り開かれて明るい感じで、薄暗かった昔とはイメージが違っていた。
此処で、二人のおばちゃんハイカーに会う。府庁山への状況を聞くと、藪漕ぎが必要な道らしいので、今回は止めておこう。
少しいくとコンクリ林道で、小深からグリーンロードに出て帰ってきました。
走行88キロ。


Category :  モーターサイクル
tag : 
FI1684873_0E●ヘンテコリンな形は、かわいいだけじゃない。
ちょっと新しい乗り心地。それを実現する為に、
こんなフォルムになりました。
ボディから、シートとハンドルが、シャキン!と伸びた可愛い形。
シートに座ると、目線が高い新しい視界がひろがります。
ボディは、つなぎ目の無いワンピース・デッキ。
軽量で、コンパクトです。
車体色だって、ビビッドなグリーンから、
シックなブラウンまで、マットな質感のおしゃれな6色。
これからの乗り物はこうでなくっちゃ!
という感じです。

●背筋が、ビーン!の新しいライディング・ポーズ
ハイポストハンドル、ハイポストシートだから、
走る姿は、背筋がビーン!
いままでのスクーターのように前傾姿勢にならなくていいのです。
背筋を伸ばして、りりしく走る。
新しい視界の、新しい爽快感を
「ズーク」で体験してください。 カタログより

FI1684873_1Eステップワゴンに乗り換えて、以前よりもバイクが積み難くなり、
カヌー時に車の回収を容易にする為に中古で購入。1990年製?
ご覧のように、3列目のシートを畳まずに積めます。
幅がピッタリなので、面倒な固定作業が要りません。

FI1684873_2E取り敢えず、45キロは出ますが遠心クラッチのみで変速機能は付いていないので、加速はかったるいです。
これは高見山登山の際に峠に駐車した車を回収に行くところですが、この程度の坂なら登れました!

FI1684873_3E四万十川の沈下橋の側にて。
カラーはノンオリジナルです。
最近流行りの電動スクーターの様ですが、立派な?エンジンが付いた原付です。