Mike The Bike

小父さんは乗り物で遊びます!

Category :  お気に入り
tag : 
ライフスタイルに大きく影響したのは75年に発刊された『Made in U.S.A.』です。
カタログ雑誌の草分け!
エコロジー、フリースタイル、ネルシャツ、ダウンジャケット、ワークブーツ等。
FI2605785_1E
当時でも3万円程で売られていたお金持ちキャンパー御用達のコ-ルマンの2バーナーの現地価格が30ドルだと知った時は唖然としました。
ただMail Orderするには支払い方法が面倒で、現金を直接送るわけにはいかず、外為銀行で送金小切手を作ってもらう必要が有った。
そんな訳でMail Orderするようになるのはカードで支払いが可能になった80年代になってからでした。
FI2605785_2E

『Made in U.S.A.』第2弾。

70年代になって円高傾向になり、この頃は1ドル300円の時代でした。
もしかして、今や、長年1ドル360円だったのを知らない方も多いのかなぁ?
1ドル100円に換算するとアメリカの生活水準になると言われてました。

FI2605785_3E
全てはこの本から始まりました。『Made in U.S.A.』の出る1年前に発刊されたSKI LIFE。
この中のアウトドア ライフ・カタログが『Maid in U.S.A.』に引き継がれた。

本屋でコレを見た時、ピーンっと来ました。


FI2605785_4Eすっかりアメリカナイズされた?3兄弟が、那智大社に参拝!
三宮で5000円で買ったELYのネルシャツは、お気に入りで、袖が擦り切れ、肘が抜けるまで着ていました。今も半袖に加工されて箪笥の底に在る筈?



Category :  ツーリング
tag : 
Category :  自転車
tag : 
初詣に行って来ました。
この池も釣り禁止になって静かになりました。
P1060094.jpg

丁度電車が来ました。
P1060098a.jpg

良いお天気ですが、少し風が冷たいですね!
P1060100a.jpg

何時もの峠神社に到着。
P1060106a.jpg

誰にも会った事もないのに、綺麗にお正月模様になってます。
ニューフェイスの無事をお願いしておきました。
P1060109a.jpg

Category :  自転車
tag : 
P1060081aa.jpg

明けましておめでとう御座います。
近年、山サイ中に、バランス感覚の衰えを感じて、無理が出来ないみたいなので、
のんびり走るのも有りかなっと、
こんなランドナーもどきを入手しました。
今年はキャンプにも参加させて頂くかもしれません。
因みに、このスポーツマン製のフロントバッグは50年前の近畿一周サイクリングに使用したその物です(笑)

P1060082aa.jpg


Category :  モーターサイクル
tag : 
今回はヒールプレートの穴あけ加工です。
サイズを3種類でデザイン。
P1060052.jpg
そう言えば、右のクラッチカバーも鉄製からカーボン製に変えてました。
Category :  自転車
tag : 
山サイの師匠のお二人shimoozuさん、ナナさんから連絡が有りポタする事に
大阪の渡し舟ポタに行って来ました。
昨年の忘年会以来でしたが、お二人ともお変わりなくお元気で、
相変わらず、ナナさんはアウタートップでギシギシ漕いではりました(笑)

西九条で集合。
私は自走でいきます、お二人は輪行です。
ナナさんが来られました。
P1060057a.jpg

南半分は大体場所は分かっていましたが、北側は何度か尋ねながら、
ようやく、乗船出来ました。
P1060058a.jpg

途中は空いているので、写真を撮りながらノンビリ走行。
P1060066a.jpg

待合室で集合写真を撮って頂きました。
P1060068a.jpg

楽しんで頂けたようで、良かったです。
P1060071.jpg


1)天保山渡船:此花区桜島-港区築港間
2)甚兵衛渡船:港区福崎-大正区北恩加島間
3)千歳渡船:大正区北恩加島-大正区鶴町間
4)落合上渡船:大正区千島 - 西成区北津守
5)落合下渡船:大正区平尾 - 西成区津守
6)千本松渡船:大正区南恩加島-西成区南津守
7)船町渡船:大正区鶴町 - 大正区船町
8)木津川渡船:大正区船町-住之江区平林北間

少し離れている1の天保山以外は乗ることが出来ました。
Category :  自転車
tag : 
今日は90年代のアルテポです。
P1060026.jpg

ラン用のナイキは背面がメッシュで快適に走ります。
P1060028a.jpg

今年は紅葉が遅いみたい。
P1060029.jpg

これから、急登の始まりです!
P1060030.jpg

金剛、葛城も少し霞んでいます。
P1060031.jpg

シングルトラックの始まりです。
P1060036.jpg

落ち葉の絨毯が快適!
P1060037.jpg

このルートでは、誰にも出会わないのが良い。
P1060038a.jpg

アップダウンを繰り返します。
P1060034.jpg

一部が関電ルートなので、綺麗に伐採されてます。
P1060043a.jpg

お陰で、生駒方面もバッチリ。
先ほど通って来た大和川沿いの裏道も見えてます。
P1060045.jpg

お気に入りの箇所です。
P1060047.jpg
走行 50㎞


Category :  モーターサイクル
tag : 
初めてDUCATI SS900ieに乗った時の印象は、酷くハイギアードな事でした。
そこで、リアースプロケットを交換します。
ノーマルはAFAM製品の鉄製40Tなので、アルミの42Tを購入。
250gですから、コレだけで500gの軽量化!
DVC00007.jpg

サンスター製品です。
あの歯磨き粉の会社と同系列です!
以前から何故、スプロケットを作っているのかな?っと思ってましたが、
最近、新聞に会社の成り立ちが載っていました。
なんと、元々、堺で自転車タイヤ用のゴムノリの製造がスタートだそうです。
DVC00009a.jpg
AFAMのステッカーはご愛嬌です#
昔ならば、AFAMの一択でしたが、本社と日本の代理店との間で色々とトラブルが有ったようです。
Category :  自転車
tag : 
5月に十字峠に向かいましたが、体力不足で取り付きで引き返しましたので、
今回リベンジです(笑)
石川沿いの何時もの休憩スポットで一服していると、おじさんが、側の椅子に来られました。
他にも空いているのにっと思っていると、
ハーモニカを演奏し始めました。
P1060001.jpg
山サイの師匠のshimoozuさんを思い出しました。

廃線跡で定点写真を。
今日はカタクラシルクです。久し振りにビンディングペダルを装着してきましたが、
忘れていて、何度か転びそうになりました(笑)
当たり前ですが、ペダリングは楽ですね!
P1060004.jpg

天見富士の旗尾岳を望む!
P1060005.jpg

お気に入りの島ノ谷に入り、十字峠を目指す。
P1060008.jpg

ようやく、峠の入り口です。
歩く人もいないのか?酷く荒れて藪がぼうぼうです。
P1060010.jpg

肩パットを装着してきたので、担ぎも楽です!
P1060013.jpg

30分ほど押し上げて、ようやく峠に。
12年にはここから右の府庁山に行きました。
左はダイトレのタンボ山に出ます、以前から行ってみたいと思っていますが、
未だ果たせてません。
P1060014a.jpg

少しだけシングルトラックを楽しめますが、直ぐに、コンクリ林道です。
P1060017.jpg

どんどん下って行くと小深側の入り口に。
P1060018.jpg

何時もの事ながらスタートが遅かったので、石川に出る頃には、
綺麗な夕焼けが見れました。
P1060021.jpg
走行88キロ。


Category :  モーターサイクル
tag : 
DUCATI  SS900ieに前回はステアリングの切れ角調整とシートのアンコヌキをして、
ポジションも前傾度もほぼ満足できるようになりました。
アッパーブラケツトも交換して、見た目もスッキリ。

DUCATI純正OPのカーボンアップマフラーも決まっていますが、
ブーツの踵がエキパイに当たり溶け出してしまいます!
勿論、普通に乗れば、当たりませんが、イーハトーブトライアルに参加したり、トライアルを少し齧っていたので、爪先乗りが癖になっていて、
丁度エキパイがステッププレート状態です。
そこで、自転車パーツの利用です。
泥除けを切ってエキパイに被せてみました。
まるで、純正パーツの様な出来栄えです。
P1050912.jpg

もう1つは、ハンドルの左スイッチです。
殆どの所有車は80年代なので、当然、常時点灯では有りません。
その為にヘッドライトを点けてセルを回す事に抵抗感が有ります。
並行輸入車にはヘッドライトのオン、オフスイッチが有るらしいので、
ヤフオクで探していると、丁度SS750用が有ったので購入しました。
コネクターを抜いて差し替えるだけで、完了です。
これで、安心して、セルを回せます。
ただし、この状態では、車検には通らないらしいです?
P1050911.jpg

・ヘッドライト(昼間点灯/消灯操作)のON/OFFスイッチ
道路交通法上では昼間点灯の義務とはなっていないので違反にはなりません。
但し、1998年(平成10年)4月1日以降に製造された車種(国産・輸入車問わず)については、
走行時に消灯させる事が出来ない構造であることが道路運送車両の保安基準として制定されています。

つまり、道路交通法上では違反ではないけれど「道路運送車両法の保安基準に違反」します。
と言う事らしいです。